ウォーターサーバーを料理に使う場合

正しいウォーターサーバーの使い方としては、何のためにウォーターサーバーを使いたいのかといった目的で、どのように使うことができれば便利になるのかという点を考えると分かりやすいといえます。例えば、お水そのものを飲む場合や、お茶やコーヒーなどを楽しみたい時に飲み物を淹れるのに使う場合もあるでしょう。このような時にウォーターサーバーのお水を使うのでしたら、それぞれの飲み物に合った温度で淹れることが大切です。また、お水の種類によってそれぞれの飲み物の味などに変化が生まれると言われており、好みのお水を選ぶことで、飲み物も自分好みに楽しむことができます。

ウォーターサーバーを料理に使う場合、例えば、だしなどの繊細な風味はミネラル分が低い軟水の方が適しています。また、パスタなどはミネラル分の多いお湯で湯がくほうが、コシがある麺になります。そのため、お水の中に含まれるミネラル成分の量によって、適した料理が異なります。自分に合っているお水はどういったタイプなのかも調べておくと良いでしょう。

赤ちゃんのミルクを作る場合、硬度の高いお水は赤ちゃんの体に負担になると言われています。そのため、水の中にあるミネラルや不純物を除去したRO水というお水がミルク作りに適しています。ウォーターサーバーのRO水はいわゆる軟水のお水で、赤ちゃんのミルク作りに安心して使えるお水です。